無料
エロ
動画

無修正サンプル動画
  無料で見放題

おすすめサイト

↓ここに行けば間違いない↓


データの容量が限界に近づいており、
ただいま次の手を模索中です。
ご迷惑をおかけします。

プロフィール

エローキティー

ニックネーム:エローキティー

自己紹介: 好きな食べ物は、
 『 美脚、微乳、くびれ 』 です。


メールフォーム

お返事が相当遅くなると思いますが、 それでも構わないという方のみ、お願いします。 ↓

※相互リンクのご依頼を頂いた場合、多忙により定型文のお返しをさせていただきます。こちらの都合で大変申し訳ありませんが、ご了承ください。

また、
『騙しリンクが有る』
『広告やリンクが多すぎて、コンテンツの場所が分かりにくい』
『リンクだけが有って、コンテンツそのものは別サイト(ニュースサイト形式)』
というサイト様は、読者の方から嫌われます。
これらの方は、相互リンクの申込をおやめください。

特に、「ワンクリック詐欺」を「リンクに持つサイト」は、この世界から消えてください。

おしらせ

ご訪問ありがとうございます。
お知らせです

このサイトはアダルトサイトです。
じゅうはっさいみまんのおともだちは、
ここ へ行ってね。

素材は基本的に拾い物です。
不都合があればすぐに削除しますので、その時はご連絡ください。

Q:無修正画像の使用について
A:DTIブログ及び、DTI社のサーバーは米国に所在していることから、米国の法律に基づいて運営しております(以下略)。
また、当サイトの運営方針も「アメリカで作成したコンテンツをアメリカ合衆国居住者向けに配信」としております。

なお、当ブログの画像は、全て18歳以上です。

RSSリンク

ここの人気記事トップ10

総合メニュー


カテゴリー 一覧 (人気順)


最新記事一覧



あとでじっくりと読む


最新情報をチェックする

下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • My Yahoo!に追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加

週間エロランキング

最近のコメント

最近のトラバ

Powered By 画RSS


【画像100枚】RQキャンギャルコンパニオンまとめ1 統合記念感謝決定版 エロ画像大放出 第六弾


現在、過去記事の動画が見られないという不具合が続発しております。動画アカウントにダメージを受けたためで、元データが消えております。見られないときは諦めてください。

( ↓ 画像 を クリック すると大きくなります/一部を除く)


【画像100枚】統合記念感謝決定版 エロ画像大放出 第六弾RQキャンギャルコンパニオンまとめ1

ハイレグ、盗撮、なんでもアリ







続きは↓


タイトル: スカイエンジェル Vol.122
出演者: 楠城ゆう
ジャンル: AV'女優
抜き度: ★★★★★
スーパー淫乱スレンダー美少女、山○優似の楠城ゆうちゃんがスカイエンジェルに登場。まずはRQの格好で撮影会。ファンの前でオナニーしながら、連続ぶっかけされちゃうゆうちゃん。いっぱいザーメンをぶっかけられたのにも飽き足らず、お兄さん楽しいことしようよと、捨て台詞を履いたあと、トレンチコートの下のおっぱいをチラつかせるゆうちゃん。もう中出しされたくて仕方ないゆうちゃんは、目の前にいるあなたを誘惑して、ガチンコ中出しファック!
この商品を見た人はこんな商品も見ています
提供: カリビアンコムプレミアム / 楠城ゆう    PR: 格安動画パッケージ




概要と変遷 [編集]
レースクイーンの女性達本来はレース主催者などに雇われた(選ばれた)数名の女性(例えば富士スピードウェイ クレインズ等)で、優勝者の表彰などレース運営の中で一定のシンボル的役目を担う者を指す言葉だったが、現在ではこの意味で使われることはまれである。上記のように各チームに所属する者は、本来はマスコットガール、またはキャンペーンガール(キャンギャル)と呼ぶのが正しい。また「レースクイーン」という用語は元々英語のPromotional modelのサーキット版というニュアンスで作られた和製英語で、英語では上記の「Promotional model」に加え「Paddock girls」などの名称が用いられている。

レースクイーンの分類としては、純粋にレースクイーンだけを生業とする者がいる一方で、学生やその企業の従業員が兼業で就業することもままある。また、タレントや俳優として名を成した者もしくはグラビアアイドルなどでデビューした後に年契約でレースクイーンを務める、コスプレイヤーやネットアイドルといった「アイドル予備軍」が参入する、など経歴や形態が多様化している。現役女子高生のレースクイーンといった低年齢化も進んでいる。

1999年の男女雇用機会均等法改正に伴い「レースクイーン」の名称が消滅する可能性があったが、回避されている。一方で均等法施行後は「サーキットレディ」という呼称がしばしば使われるようになっており、また中には求人広告に「18歳以上の男女」という表記をしているチームもある。

歴史 [編集]1960年代後半に小川ローザらがサーキットでモデルとして活躍したのが起源といわれている。以後その形態にあまり変化はなく、開会式や表彰式のアシスタントとして従事する程度であったが、1984年に開催された日本最高峰のオートバイ耐久レース「鈴鹿8時間耐久ロードレース」で、一部チームのキャンペーンガールがチーム名のロゴマークを入れた水着を着て応援し、話題となった。

1980年代後半のバブル経済絶頂期に入ると、チームやスポンサー企業のロゴが入った極めて布地面積が少ないハイレグ・レオタードを身に纏った女性たちがサーキットに多数出現し、人気を博した。それ以降、このようなスタイルがレースクイーンの主流として定着した。特にオートバイのレーシングチームでキャンペーンガールを務めた飯島直子と岡本夏生の大ブレイクで、レースクイーンはサーキットを飛び出して様々な舞台へと進出するようになっていった。

現状 [編集]現在はレースクイーン専門の芸能事務所が多数あり、その事務所がレースが行われない週末を利用してカメラ小僧向けのアマチュア撮影会を開催し、所属のレースクイーンをモデルとして出演させて収益を得る、といったことが行われている。そのため最近では、レースはスポンサーアピール以上に撮影会の開催の宣伝の場ともなっている(カメラ専門誌の広告にスタジオ主催の撮影会スケジュールが掲載されていることが多い)。

またメディアでは、つくばテレビの『エンタ!371』のほか、『ギャルズパラダイス』・『トップクイーン』など、紙媒体と連動した専門サイトがある。業態が変わって以降のつくばテレビは、レースクイーンの温泉紀行などの企画ものも含め、複数のコンテンツを持つ。

逆に「現役レースクイーン」の肩書き欲しさに、イベントコンパニオン関連の事務所(中でもパチンコ系のイベント会社)やアダルトビデオの制作会社(ソフト・オン・デマンドなど)が自社の資金でレーシングチームのスポンサーとなり、自社のコンパニオンやAV女優をレースクイーンに起用するといった例も見られる。特にAV女優をレースクイーンとしたソフト・オン・デマンドの例(2002年のフォーミュラ・ニッポンで山本清大をスポンサードした)では、当時プレスのみならずレース関係者、一般の観客の間からも激しい批判が起こった。

1990年代後半から、「レースクイーン・キャンギャル情報誌」を名乗る書籍(雑誌、ムック等)が雨後の筍のごとく次々と創刊されたが、『オートスポーツ』別冊として当初スタートした『ギャルズパラダイス』以外は大方ほんの数年で軒並み休刊・廃刊に追いやられている。

国内モータースポーツで一番動員力があるSUPER GT(旧全日本GT選手権)は注目度も高いため、年々レースクイーンの数も増加の一途をたどった。特に2003年には飽和状態が激化し、1レースで200名以上、1台のマシンに10名以上が立つチームも現れたことから、後述するようなトラブルが続出し、翌2004年以降は競技の進行を円滑に行うため「1台につき4名まで」という制限が主催者より課せられている。さらにシーズン直前には各チームのレースクイーンの着用するコスチュームの審査が行われ、過剰な露出が見られるものに対しては参加を認めない条項を課しており、シーズン中に規定に反する物に変えた場合は当該レースクイーンを外すことも定められている。他に、1シーズン中に参加するレースクイーンは登録しているメンバーのみとし、問題行為などで人数が欠ける事態があっても欠員補充は一切認めないという規定が定められ、規制も厳しくなっている。

この状況に対して、『All About』においても懐古回帰願望のような意見(参照:[1])が掲載された。

日本国外での状況 [編集]韓国、中国でもレーシングガールなるキャンギャルがサーキットに華を添えている。これは明らかに日本のレースクイーンからの影響であり、こちらも芸能界、特に映画女優への登竜門的存在となっている。

欧米では婦人団体などからのクレームが非常に強く、特にテレビ放送があるモータースポーツなどではそもそもチームにキャンペーンガールなどいないことが多い。F1・日本グランプリでもスポンサーのキャンペーンガールがメディアに登場するが、その多くはあくまでコース外のスポンサーブースでの活動であって、ほとんどの場合コース内やパドックには入場すら許されていない。ただしレッドブル・レーシングのように、F1の各グランプリにおいて「フォーミュラ・ウナ」(Formula Una)と題して開催国の美女を集め、パドック内でコンテストを開催するようなチームも存在する。

海外の有名レースでも、レース前のプラカードなどの掲示要員(グリッドガール)や表彰台でのアシスタントとして、サーキット側がキャンペーンガールを用意することは時折あるが、たいていは全員統一された普通のデザインの短パンと軽めのジャケットの組み合わせだったり、場合によっては単なるツナギ姿と、各チームの女性広報スタッフと大差ないことも多い。

モーターショーなどでも同様で、もともとアンダーグラウンド系の文化をフィーチャーした(前述のレッドブル・レーシングの例はこれにあたる)などの特殊な理由でもない限り、本来の商品と関係ない女性の露出度で集客しようとすることはまずない、といわれている。

完全無修正動画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://erookitty.dtiblog.com/tb.php/73-7b6bb1a0

  

広告

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close